遺族年金・障害年金・離婚時の年金 

国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル

国民年金,厚生年金,遺族年金,障害年金,離婚時の年金をもれなく確実に受給するために、年金の仕組み、受給要件、請求手続き、有利な受給方法等を説明します

サイトマップ

障害厚生年金の年金額|厚生年金の障害年金

厚生年金の障害給付を障害厚生年金といい、障害厚生年金1級・2級・3級と分けられています。



しかし、1級が年額いくら支給されるかという具体的な額は、収入に応じて納付する保険料が異なるため固定されているわけではありません。

下限の最低保障の額として決まっているのは、年額59万4200円となります。

障害厚生年金の支給額は決められた計算式で行われますが、それには報酬比例部分が反映されます。

1級障害の場合には、報酬比例部分の年金額を1.25倍にし、さらに配偶者がいる場合には加給年金が加算されることになります。

2級障害の場合には、報酬比例の年金額+配偶者の加給年金が支給され、3級障害には報酬比例の年金額のみ支給されます。



ちなみに、障害厚生年金は子の加算が適用されることはありません。

実際、報酬比例の年金額を算出しようとすれば、非常に複雑なため、素人では困難でしょう。

これら具体的な額を知りたい場合は、自ら計算するのではなく、年金事務所に依頼することをおすすめします。

障害1級・2級に該当する人は、自動的に国民年金にも加入しなければならないため、二重加入となります。

そのため、合わせて障害基礎年金も受給することができます。

1級で年額99万100円、2級で年額79万2100円となり、2級と3級を比較すると大きな差になっています。

20代で障害を持つ人がいるのですが、その場合は厚生年金期間は300カ月の最低保障が許されています。

高年齢雇用継続給付・在職老齢年金 関連ソフト3本セット(平成22年8月版)
国民年金
国民年金受給のための基礎知識
厚生年金の老齢給付
老齢厚生年金の有利な受給方法
老齢厚生年金の請求手続き
国民年金の遺族年金
厚生年金の遺族年金
国民年金の障害年金
厚生年金の障害年金
障害厚生年金の年金額
障害厚生年金の受給要件
障害厚生年金の障害等級
65歳以降の障害認定
人工物を体内に装着した場合の障害認定
障害厚生年金の受給権者の死亡
離婚時の年金分割
年金分割をする前に読んでおきたい本
リンク集
うつ病で、障害年金2級を申請して500万円受給できた方法
うつ病(鬱病)等メンタル系の病の方向け、生活術&障害年金受給マニュアル(ダウンロード版)
年金には頼れない!資産を安全に増やす!貯蓄型運用!その方法とは!!

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
外貨定期預金 金利

























遺族年金・障害年金・離婚時の年金 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。