遺族年金・障害年金・離婚時の年金 

国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル

国民年金,厚生年金,遺族年金,障害年金,離婚時の年金をもれなく確実に受給するために、年金の仕組み、受給要件、請求手続き、有利な受給方法等を説明します

サイトマップ

遺族基礎年金を受給できないときの救済手段:死亡一時金|国民年金の遺族年金

遺族基礎年金を受給できないときの救済手段として寡婦年金というものがあるのですが、もう一つの救済手段が死亡一時金というものです。



この死亡一時金は別名、死亡見舞金とも呼ばれており、継続的に支給されるものではなく、あくまでも一回きりの支給となります。

これは遺族基礎年金を受け取ることのできない人が取る最終手段のようなもので、要件としては、死亡した人が第一号被保険者として3年以上保険料を納めていて、老齢基礎年金障害基礎年金を受け取ることなく死亡した場合になります。

死亡一時金を受け取ることの出来る人は配偶者・子・父母・孫・祖父母・兄弟姉妹で支給には優先される順位が決まっています。

もし、同順位の人が二人以上いる場合には一人にしか支給されず、一人が行った死亡一時金の請求は全員のために全額について行ったもの、そして、一人の人に対して支給が行われても全員に対して行われたとされます。

受給要件は同じ屋根の下で暮らしているという生計が同一ということ。

遺族基礎年金を受給できる場合には死亡一時金の受給をすることは出来ません。



寡婦年金、死亡一時金、両方を受け取る権利があったとしてもどちらかを選択する必要があります。

死亡一時金の受給要件として死亡日の属する月の前月までの第一号被保険者の保険料納付済期間の月数、保険料の4分の1免除期間の月数の4分の3、保険料半額免除期間の月数2分の1もしくは保険料4分の3免除期間の4分の1を合計した月数期間が最低36カ月あることとされています。

請求できるのは死亡日から二年でそれを過ぎると請求不可となります。

高年齢雇用継続給付・在職老齢年金 関連ソフト3本セット(平成22年8月版)
国民年金
国民年金受給のための基礎知識
厚生年金の老齢給付
老齢厚生年金の有利な受給方法
老齢厚生年金の請求手続き
国民年金の遺族年金
遺族基礎年金の年金額
遺族基礎年金の受給要件
国民年金保険料の納付
遺族基礎年金の受給権を失う場合
遺族基礎年金を受給できないときの救済手段:寡婦年金
遺族基礎年金を受給できないときの救済手段:死亡一時金
厚生年金の遺族年金
国民年金の障害年金
厚生年金の障害年金
離婚時の年金分割
年金分割をする前に読んでおきたい本
リンク集
うつ病で、障害年金2級を申請して500万円受給できた方法
うつ病(鬱病)等メンタル系の病の方向け、生活術&障害年金受給マニュアル(ダウンロード版)
年金には頼れない!資産を安全に増やす!貯蓄型運用!その方法とは!!

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
マネー
























遺族年金・障害年金・離婚時の年金 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。