遺族年金・障害年金・離婚時の年金 

国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル

国民年金,厚生年金,遺族年金,障害年金,離婚時の年金をもれなく確実に受給するために、年金の仕組み、受給要件、請求手続き、有利な受給方法等を説明します

サイトマップ

厚生年金加入期間が1年以上ある場合|老齢厚生年金の有利な受給方法

厚生年金の加入期間は20年以上あることが受給資格を得るための条件になっているのですが、加入期間が20年未満だからといって、年金を受け取ることができないというわけではありません。



厚生年金の他に公的年金に加入していた場合には、いくつかの公的年金加入期間を合算した期間で20年または25年を満たしていれば、受給資格を得ることが出来ます。

また、国民年金の受給資格があり、短期間の厚生年金加入期間であっても最低1年以上加入していれば老齢厚生年金の受給資格も発生するのです。



例を挙げると、厚生年金加入期間が1年2カ月あるとします。

他の公的年金である国民年金加入期間が36年であった場合は60歳から受け取る特別支給の老齢厚生年金は1年2カ月分支給されます。

厚生年金加入期間が最低ラインの一年を満たしていない場合は残念ながら、特別支給の老齢厚生年金の受給資格を得ることは出来ず、65歳からの支給のみとなります。

もし、老齢厚生年金加入期間が一年以上あるならば、60歳の誕生日前日から手続きを行う事が出来ます。

早めの手続きをおすすめしますが、65歳に請求した場合にも年金額は変わることなく支給されます。

ただ、この場合は最初の振込時に5年間分がまとめて振り込まれます。

少ない金利でも得たいと考えるなら、早めに少しでも振り込んでもらう方が良いでしょう。

高年齢雇用継続給付・在職老齢年金 関連ソフト3本セット(平成22年8月版)
国民年金
国民年金受給のための基礎知識
厚生年金の老齢給付
老齢厚生年金の有利な受給方法
加給年金を受給するには
60歳を過ぎて加給年金の受給資格を得るには
夫婦ともに厚生年金に長期加入した場合の加給年金
厚生年金加入期間が44年以上の場合
障害厚生年金を受給している人の老齢厚生年金
年金受給に有利な60歳からの就職先
夫婦ともに会社役員の場合でも年金を受給する
高年齢雇用継続給付と在職老齢年金との調整
年金が全額支給停止でも手続きをする
厚生年金加入期間が1年以上ある場合
失業給付と老齢厚生年金の調整
老齢厚生年金の請求手続き
国民年金の遺族年金
厚生年金の遺族年金
国民年金の障害年金
厚生年金の障害年金
離婚時の年金分割
年金分割をする前に読んでおきたい本
リンク集
うつ病で、障害年金2級を申請して500万円受給できた方法
うつ病(鬱病)等メンタル系の病の方向け、生活術&障害年金受給マニュアル(ダウンロード版)
年金には頼れない!資産を安全に増やす!貯蓄型運用!その方法とは!!

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
金利 長期



遺族年金・障害年金・離婚時の年金 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。