遺族年金・障害年金・離婚時の年金 

国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル

国民年金,厚生年金,遺族年金,障害年金,離婚時の年金をもれなく確実に受給するために、年金の仕組み、受給要件、請求手続き、有利な受給方法等を説明します

サイトマップ

海外移住者の国民年金|国民年金受給のための基礎知識

国民年金に加入しなければならない、条件は日本国内に住所があり、年齢20歳以上60歳未満とされています。



海外に移住しているという場合、その期間中は国民年金には強制ではなく、任意加入になります。

したがって、加入する必要はないのですが、将来的に日本に帰国する可能性が高いなら加入しておく方が望ましいでしょう。

学生の間、海外に留学するという場合、一般的には留学期間中のみ海外に住所を移すものです。

就職も海外でして、完全に移住するというなら日本の国民年金に加入するのは不要です。



ただ、留学している学生のほとんどは日本で就職し、日本で老後の暮らしをするのが当然ながら多くなります。

それらを踏まえて考えると、やはり任意加入でも入っておくのが安心できるのではないでしょうか。

留学生の場合、学業に専念することになるので大きな収入は見込めません。

そのため父親等が扶養する形になるため、子供の国民年金保険料は父親が納付することになります。

親が払う事で、社会保険料控除となり、負担は大きく軽減されます。

加入条件は学生だけでなく、海外移住者も同じで、海外移住後に国民年金は強制から任意に切り替わります。

ほとんどの先進国では企業に属することで、その国の公的年金制度に加入することになるため、日本の国民年金に任意加入しなくても問題ないでしょう。

しかし、国によってはしっかりとした公的年金制度が確立されていないこともあるため、その国の制度を把握したうえで日本の国民年金に任意加入すべきが決めるのが安全でしょう。

高年齢雇用継続給付・在職老齢年金 関連ソフト3本セット(平成22年8月版)
国民年金
国民年金受給のための基礎知識
国民年金の種別変更手続
国民年金の任意加入と特例任意加入
年金額を増やすには
付加年金で年金額を増やす
国民年金基金で年金額を増やす
海外移住者の国民年金
夫婦の年金加入
事実婚の妻と第3号被保険者資格
カラ期間(合算対象期間)の取扱い
老齢基礎年金の課税
厚生年金の老齢給付
老齢厚生年金の有利な受給方法
老齢厚生年金の請求手続き
国民年金の遺族年金
厚生年金の遺族年金
国民年金の障害年金
厚生年金の障害年金
離婚時の年金分割
年金分割をする前に読んでおきたい本
リンク集
うつ病で、障害年金2級を申請して500万円受給できた方法
うつ病(鬱病)等メンタル系の病の方向け、生活術&障害年金受給マニュアル(ダウンロード版)
年金には頼れない!資産を安全に増やす!貯蓄型運用!その方法とは!!

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
年率





















遺族年金・障害年金・離婚時の年金 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。