遺族年金・障害年金・離婚時の年金 

国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル

国民年金,厚生年金,遺族年金,障害年金,離婚時の年金をもれなく確実に受給するために、年金の仕組み、受給要件、請求手続き、有利な受給方法等を説明します

サイトマップ

国民年金の任意加入と特例任意加入|国民年金受給のための基礎知識

国民年金の加入期間として決められているのは20歳から60歳になるまでで、もし、加入期間が足りずに受給資格期間に満たない場合、または年金額が満額に満たないため満額に少しでも近づけたいと考えている場合には、65歳になるまで任意加入することが可能です。



特例として、65歳まで任意加入しても25年に満たない場合、65歳から70歳になるまでの期間、任意加入することが出来ます。

老齢給付を受給するためには、公的年金制度の加入期間がいずれかの条件を満たす必要があります。

1.厚生年金等への加入期間のみで20年以上、もしくは昭和27年4月2日以降生まれの人の場合は21〜24年以上。

2.男性40歳以降・女性35歳以降の厚生年金加入期間が19年以上である。

  昭和25年4月2日以降生まれの人は19年以上と変則的になっているので注意が必要。

3.国民年金と厚生年金の加入期間を合わせると25年以上になる場合。

これら三つのいずれかを満たす場合には受給資格を得ることができ、もしいずれにも満たない場合には60歳以降に国民年金に任意加入し受給資格期間を満たす必要があります。

年金額を増やしたいと考えている人は受給資格期間を満たし、さらに任意加入することで可能になります。



ただ、年金額を増やす目的の任意加入は65歳までと決められています。

老齢基礎年金を受け取るためには、基本的に25年以上の国民年金加入期間が必要です。

60歳以降65歳になるまで任意加入したとしても受給資格が得られない場合、65歳以上70歳まで任意加入できるという特例を使う事が出来ます。

特例任意加入の条件は65歳になった時点で受給資格を満たさない場合、昭和40年4月1日以前に生まれて人の場合の二つのいずれかになります。

年金を増やすために65歳になるまで継続して任意加入する人もいますが、特例任意加入の場合、受給資格期間が満たされた時点で任意加入が終了となるのです。

付加保険料が納付できる任意加入ですが、特例任意加入の場合には納付できないので注意しておきましょう。

高年齢雇用継続給付・在職老齢年金 関連ソフト3本セット(平成22年8月版)
国民年金
国民年金受給のための基礎知識
国民年金の種別変更手続
国民年金の任意加入と特例任意加入
年金額を増やすには
付加年金で年金額を増やす
国民年金基金で年金額を増やす
海外移住者の国民年金
夫婦の年金加入
事実婚の妻と第3号被保険者資格
カラ期間(合算対象期間)の取扱い
老齢基礎年金の課税
厚生年金の老齢給付
老齢厚生年金の有利な受給方法
老齢厚生年金の請求手続き
国民年金の遺族年金
厚生年金の遺族年金
国民年金の障害年金
厚生年金の障害年金
離婚時の年金分割
年金分割をする前に読んでおきたい本
リンク集
うつ病で、障害年金2級を申請して500万円受給できた方法
うつ病(鬱病)等メンタル系の病の方向け、生活術&障害年金受給マニュアル(ダウンロード版)
年金には頼れない!資産を安全に増やす!貯蓄型運用!その方法とは!!

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
銀行 審査






























遺族年金・障害年金・離婚時の年金 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。