遺族年金・障害年金・離婚時の年金 

国民健康保険・国民年金の大幅削減マニュアル

国民年金,厚生年金,遺族年金,障害年金,離婚時の年金をもれなく確実に受給するために、年金の仕組み、受給要件、請求手続き、有利な受給方法等を説明します

サイトマップ

国民年金の加入年数の数え方|国民年金

厚生年金等に加入された人は自動的に国民年金にも加入されていることになります。



すなわち二重加入ということで、厚生年金等に加入した20歳以上60歳未満の期間が国民年金の保険料納付期間としてそのまま反映されるのです。

加入期間が国民年金のみの人では、国民年金保険料を納付した期間が保険料納付済期間として扱われ、期間は原則40年あれば老齢基礎年金を満額受け取ることが出来ます。

例に挙げると、18歳から65歳になるまでは厚生年金に加入。

その場合、20歳から60歳までの40年分は厚生年金に加入していることで、国民年金保険料を納付しなくても、国民年金の保険料納付済期間となります。

例のような場合は18歳から20歳になるまでの2年間、60歳から65歳までの5年間も同じように国民年金の二重加入期間になります。

しかし、この期間はカラ期間として扱われるため老齢基礎年金受給額が変わることはありません。

ただ、例外として受給の要件に該当していれば障害基礎年金遺族基礎年金等に反映されることもあります。

老齢基礎年金額の計算で参考材料となるのが加入可能年数になります。



国民年金の保険料納付済期間は満額の老齢基礎年金が支給される40年と決められているのですが、生年月日などを考えるとどうしても40年の加入が不可能な人もいます。

その場合、加入可能年数×12月=保険料納付済月数として扱われ、満額の老齢基礎年金を受け取ることができるようになっています。

例えば、昭和15年4月2日以降昭和16年4月1日までに生まれた人の加入年数は39年となります。

決められた通り、加入可能年数が40年となるには昭和16年4月2日以降生まれの人になります。

このように加入可能年数は生年月日によって異なるという事を把握しておきましょう。

高年齢雇用継続給付・在職老齢年金 関連ソフト3本セット(平成22年8月版)
国民年金
国民年金とは
国民年金は公的年金の1F
国民年金の被保険者のしくみ
国民年金の被保険者の第3号被保険者
国民年金の被保険者に該当する人
老齢基礎年金の受給要件
受給資格期間の計算
国民年金の加入期間の種類
学生納付特例制度と若年者納付猶予制度
老齢基礎年金の年金額と計算式
繰上受給のしくみと支給率
繰上受給の判断
繰上受給のしくみと増額率
国民年金の加入年数の数え方
加給年金と振替加算
厚生年金加入者の老齢年金
保険料納付済期間が短い場合
国民年金受給のための基礎知識
厚生年金の老齢給付
老齢厚生年金の有利な受給方法
老齢厚生年金の請求手続き
国民年金の遺族年金
厚生年金の遺族年金
国民年金の障害年金
厚生年金の障害年金
離婚時の年金分割
年金分割をする前に読んでおきたい本
リンク集
うつ病で、障害年金2級を申請して500万円受給できた方法
うつ病(鬱病)等メンタル系の病の方向け、生活術&障害年金受給マニュアル(ダウンロード版)
年金には頼れない!資産を安全に増やす!貯蓄型運用!その方法とは!!

20歳の専門学生がネットで毎月10万円稼いでいる方法
銀行 系 不動産 担保 ローン















遺族年金・障害年金・離婚時の年金 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。